木曽川 四季菜(カラフル)サンド

 

木曽川産極早生玉ねぎについて

産地

タマネギの採種は大正時代から行われ、現在は木曽川町玉葱採種組合員8名で国産種子の約三分の一を生産しています。
木曽川からの川風が種子の育成に適度な湿度をもたらすことから、長野県や香川県などと並ぶ採種用タマネギの産地となっています。
木曽川産極早生玉ねぎ

特徴

種子から母球を作り、選抜された母球を植えて採種まで、2年近く時間をかけて作ります。
主力品種は超極早生タマネギで発芽率は95%以上で国内トップ。
木曽川独自の品種改良によって消費者の好みにあったタマネギを作り出すことができ、タネから100%国産品種として、外国産農作物等に対する競争力を有しています。
木曽川産極早生玉ねぎ
木曽川産極早生玉ねぎ
木曽川産極早生玉ねぎ
Copyright(C)2013 Kameya Co.,Ltd. All Rights Reserved.
TO TOP